コーヒーが好き的なぶろぐ

美味しいコーヒーを飲みながら、ゆったりするのが好き。

コーヒー

コーヒー豆の焙煎度合い

ちょっとネットで見つけたのですが、豆の焙煎度合いについて、シティとかフルシティ、ハイとか
書かれていましたが、私良く知らなかったのです。

そこで、焙煎の度合いについて調べました。

一般的には、浅煎りから深煎りまでを8段階に分けています。

1.ライトロースト     最も浅煎り コク、香りとも不足
              1ハゼが始まる前くらい

2.シナモンロースト    シナモンに近い色
              1ハゼの最中、真ん中くらい

3.ミディアムロースト   浅煎り 酸味が強い 苦味は弱い アメリカンコーヒー用向き
              1ハゼが終わったくらい。

4.ハイロースト      中浅煎り 酸味は残っています。軟らかい苦味と甘みが出てきます。
              1ハゼと2ハゼの中間くらい。

5.シティロースト     中煎り 日本で好まれています。
              2ハゼが始まったくらい
              酸味と苦味のバランスが良いです。多くの豆でOKです。

6.フルシティロースト   中深煎り 酸味が少なくなり、苦味のほうが感じられます。香ばしい香り
              2ハゼのピークあたり
              豆の表面に油が出てきます。

7.フレンチロースト    深煎り 酸味がなくなり、苦味が強くなってきます。
              2ハゼの終わりくらい
              コーヒー豆はほとんど黒。表面に油

8.イタリアンロースト   苦味が強く、アイスコーヒー向け
              2ハゼが完全に終わった状態。
              油で、テカテカ光っています。

いままで、私が焙煎してきたのは、シティローストからフルシティローストくらいですね。
いいところ狙っていると思います。

コーヒー豆の種類によっても、どの焙煎具合が良いのかが有るそうなので、それについても調べていきます。

-コーヒー
-, ,